背骨の歪みによる痛み-椎間板ヘルニア-

椎間板ヘルニア

私も経験した椎間板ヘルニア。

 

椎間板ヘルニアとは、椎骨と椎骨の間にある軟骨が背骨の歪みや何かしらの衝撃によって椎骨からはみ出してしまい神経を刺激する症状を指します。

 

通常、軟骨は椎骨間の衝撃を吸収するクッションのような役目をするのですが、このクッションが椎骨からはみ出して元の形に戻らずはみ出したまま背骨周辺の神経を引っ張り刺激することで特有の痛みが生じます。

 

背骨の中でも一番可動域が広く衝撃を受けやすい腰周辺が椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。

 

このヘルニアは脊椎の神経を刺激するため、腰だけでなく、その神経に関連する太ももや臀部にもしびれなどの影響を与えます。

 

この椎間板ヘルニアは手術ではみ出した部分を切除するか、手術せずに牽引で背骨を引っ張り軟骨を元の状態に押し込めるかの方法で治します。

 

腰回りの筋肉を鍛えることで、衝撃を軟骨だけでなく筋肉も一緒に支えることになり椎間板ヘルニアを未然に防ぐことができます。

 

このとき、腰回りの筋肉を鍛えると同時に腹筋も鍛えて腹から腰までバランスよく筋肉をつけてあげることが重要です。

 

また、こういった腰の負担を少しでもリラックスし解き放つためにも自分の腰に合ったベッドや布団を使用することが大事です。

 

もし万が一椎間板ヘルニアになってしまったら腰に負担のかからない寝具の上で痛みが引くまで安静にしていましょう。

 

=>Topページへ戻る