背骨の歪みによる痛み-脊柱管狭窄症-

脊柱管狭窄症

背骨の中には縦に脊柱管という管が通っています。

 

背骨がずれてしまうと、背骨の中にある脊柱管がつぶされてしまいその背骨の箇所周辺に痛みが走ります。

 

これを脊柱管狭窄症と言います。

 

多くの脊柱管狭窄症は、腰椎(腰回りの背骨)と仙骨(上半身と下半身をつなぐ結合部)のずれが原因と言われています。

 

場合によっては手術を勧められる場合もありますが、この仙骨の位置をカイロプラクティックなどによって正しい位置に戻してあげることで治る場合もあります。

 

脊柱管狭窄症は仙骨に負担のかかる姿勢(猫背や背もたれに背中を長い間かけているなど)が原因ともいわれているので、普段から正しい姿勢を保つことが重要と言われています。

 

脊柱管狭窄症を未然に防ぐためにも、日常生活のちょっとしたときにあなたの姿勢を見直してみてはいかがでしょうか?

 

=>Topページへ戻る