モットンに向いてる人向いてない人

デスクワークがメインで運動不足である

立ち仕事に比べてデスクワークの場合、腰にかかる負担は1.3倍と言われています。

 

また、背もたれに寄りかかると背筋が衰えるため
腰周りを支える力がなくなってきます。

 

こうなると姿勢はどんどん悪くなっていき腰痛を引き起こしてしまいます。

 

高反発マットレスは圧力が均等に割り振られるため
寝ているときにリラックスしながら正しい姿勢に強制できるので
腰痛を防ぐことができます。

妊婦である、もしくは産後の腰痛に悩んでいる

妊婦さんはお腹の赤ちゃんが影響して基本的には横向きでしか寝れません。

 

横向きが長い間続くと骨盤がずれてきて腰痛の原因となります。

 

また、産後は骨盤が緩んでいるため腰痛を引き起こしやすいです。

 

こういった腰痛には、産後の矯正ベルトで骨盤を正しい位置に設定してあげるほか、
腰の負担を減らしてあげる必要があります。

 

高反発マットレスは体の圧を分散させるため腰への負担を減らすことができます。

低反発マットレスを使っている

テンピュールなど一時期ブームになった低反発マットレス。

 

体がマットレスにずっしり沈み不思議な感じで寝れますが、
お尻の部分が沈むことで腰に負担がかかってしまい、
しかも寝返りが打ちづらいため腰痛持ちの人には向いていないのです。

 

 

朝、ベッドから起きるときや洗顔時に腰痛を感じる

就寝時に腰に負担がかかったまま長時間同じ姿勢でいるため、
腰回りの筋肉が固まっていて朝起きた時には体はほぐれておらず
腰痛を引き起こします。

 

=>Topページへ戻る